スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちちとははからとどいたいのち」

先日の集中豪雨では、大変ご心配になった方も多かったのではないかと思います。これ以上災害が起こらないように祈るばかりです。
 先日から、県内の中学生が自殺するという大変残念なニュースが続いています。どうして何らかの方法で救うことができなかったのかという無念さとともに、自殺という手段しかとれなかった苦しさは理解できるにしても、何故もっと自分を大切にできなかったのかという残念さが最後まで残ってしまいます。
 先日から、心臓病で重度障害のため、16歳までしか生きることのできなかった、松﨑胡桃(まつざきくるみ)さんの詩集、「まま そだて ありがとう」を読んでいます。先ほどの中学生にもぜひ読んでほしかったと思います。


ちちとははからとどいたいのち
2014年6月23日
くるみの いちねんかんの にゅういんせいかつに つきそってもらったこと
とうさん かあさん おとうとたちに とてもかんしゃしています ありがとう
みんなには すごくしんばいかけたね ごめんなさい

とほうにくれ あいときぼうを うしないかけ いのちまで うしなおうとしたけど
いつもそばに かぞくがいてくれたから がんばることができた
かあさん とうさん ありがとう

これから たくさんしんぱいかけたり ないたりするときがあったら
いっしょに かなしまずに わらってほしい
いきるということは しあわせなこと

うちのかぞく あいがたくさんあふれ しあわせ
これからさきも いっしょにいたい


 「命の大切さ」を理解するためには、その対極にある「死」の意味を理解する必要があると思います。幼児にそれをすぐに理解しろということは無理でしょうが、自然に理解していくためには様々な機会がいります。
自宅で死を迎えることの多かった昔と違い、病院で死を迎えることがほとんどとなってしまい、子どもたちにとっても家族の死というものが身近ではなくなってしまいました。
そうなると小さい頃からいろいろな小動物を飼うなどして、その「死」というものに立ち会わないとなかなか「死」の意味はわからないと思います。もちろん、それをわからせるためだけに小動物を飼うわけではないでしょうが、どんなに一生懸命に世話をしようとどんなに大切にしようと「死」は避けられないことを学ぶことが重要です。
長い夏休みですが、お子さんには一回り大きく成長できる経験をたくさんさせてほしいものです。- 園 長 -

スポンサーサイト
プロフィール

おぢや幼稚園

Author:おぢや幼稚園
小千谷認定こども園の園日記です!
園での出来事や、園長先生からのお話などなど
みなさんにお知らせします♪
見て下さいね☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。