FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしたら、勉強するようになるの?

本当に今年も暑い夏でしたが、最近は朝夕、涼しすぎるほどの気候に体調を崩されている方も多いのではないかと思います。お子さんだけでなく、ご自身の体調管理にもお気をつけ下さい。

 10月1日(土)に行われる「谷小教育ホーラム」に、幼稚園の立場から、パネラーの一人として参加してほしいというご依頼がありました。今年は、「こうすれば子どもは家でも勉強する!~幼保小中・家庭・地域が連携し、夢に向かって勉強する子を育む」というパネルディスカッションだそうです。
 幼稚園という立場から、義務教育以上の勉強ということをどのようにとらえたらいいのか、改めて考えてみました。やはり、幼稚園の役割は、小学校から本格的に始まる勉強(幼稚園で勉強という面がないことは、決してありませんが)に対して、その土台を築くことに尽きるのではないかと思います。
 以前、お話したと思いますが、小学校以上に学習指導要領というものがあり、それによって授業や活動が編成されているように、幼稚園は法令の上で学校に位置づけられていますので、幼稚園にも幼稚園教育要領というものがあり、これによって様々な活動が毎日展開されています。
 ただし、義務教育以上の授業の形態は、幼児の特性上、あまり向いていないという理由でこのような形態は取られていませんし、その「ねらい」や「内容」も学習指導要領に比べると大まかなものになっています。また、それらは主として技術的なことより、内面的なものに主眼が置かれています。その中に「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとする。」とはっきり規定されています。
 幼稚園教育要領の中には、「達成感」、「満足感」、「興味」、「関心」、「楽しさ」という言葉がたびたび出てきます。ということは、幼児にとっていかにこれらが大切かということだと思います。これら内面的なものをたくさん経験していれば、勉強はもちろんですが、勉強だけではなく、あらゆることに積極的に取り組む姿勢が育まれるのだと思います。
逆に言うと、このような経験なしでは、義務教育及びその後の教育は決して伸びてはいかないということだと思います。
 教育は「城造り」と同じだと思います。りっぱな城を造ろうと思って、建物や鯱(しゃちほこ)ばかりに気を使っても、一番大事な石垣が貧弱であれば、地震や台風ですぐに崩れてしまいます。幼稚園はまさに、その石垣作りの時期だと思います。
                 -園 長-
スポンサーサイト
プロフィール

おぢや幼稚園

Author:おぢや幼稚園
小千谷認定こども園の園日記です!
園での出来事や、園長先生からのお話などなど
みなさんにお知らせします♪
見て下さいね☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。